就活応援セミナー2013-2014のTOPに戻る


SCORE適性テスト

SCOREとは

情報社会で求められる

「PC活用能力」
「情報活用能力」

を育成するためのプログラムです。

4種類のテストと編集トレーニングによって
真の情報活用能力の習得を目指しましょう!


情報社会の要請により誕生したSCORE

・教育機関における人材育成と
・企業が求める人材像

との間には大きなミスマッチが生じています。

このミスマッチを解消し、

企業が求める人材を育成することを目的にSCOREが
生まれました。


PC活用能力と情報活用能力

ITが高度に普及した現代社会では、

・PCを活用する能力は必須のものになっていますが、
 仕事や研究において高い成果を上げるためには
 PCを活用する能力(PC活用能力)だけでなく、

〔簑衄見・解決力
企画力
情報収集力
ぞ霾麒埆故
ゾ霾麋信力

などの、情報を効果的に活用する能力(情報活用能力)が
必要になります。

つまり、単に「パソコンを使える」というだけでなく、

「パソコンを使って何ができるのか?」が問われること
になります。



情報活用能力の必要性

文書、企画書、Webページなどのコンテンツを作成
するためには、様々な情報の活用能力が必要です。

単にパソコンを使えるというだけでは優れた文書を
作成することはできないことがわかります。


SCOREと一般的な検定試験との違い


一般的な検定試験の特徴

情報機器の活用が中心

・特定のアプリケーションソフトや技能を想定し、
 情報機器の操作技術や知識を測定します。

判定は合否のみ

・スキルに応じ、合格・不合格が判定されます。



SCOREの特徴

PC活用能力と情報活用能力

SCOREは

・コンピュータの操作技術(情報技術・知識)
 だけでなく、情報をどのように整理・編集
 するのか(情報活用)

・どのように情報発信するのか(情報表現)
 といった実践的且つ本質的な情報活用能力を
 測るソリューションツールです。


受検がスタート

・SCOREは、情報活用能力の育成を目的として
 いるため、合否判定ではなく、アセスメント
 シートによって

・現在のスキルを評価・分析し、今後の課題を
 明らかにします。


SCOREの活用方法

・真の情報活用能力は、短期間では習得できません。

 SCOREは様々なツールによって、

・高度なPC活用能力と情報活用能力を
 総合的に身に付けることを可能にします。

 まずは、現在のあなたのPC活用能力を客観的に
 評価するPC活用能力テストを受検してみましょう。

 受検後に配布されるアセスメントシートと、活用
 の手引きを見れば、あなたの弱点が明確になり、
 何をどの程度補強しなければならないのかがわか
 ります。

 十分なPC活用能力を習得したら、情報編集トレー
 ニングによる演習を通して情報活用能力を獲得し、
 さらに、PC情報表現力テストを受検して、社会で
 求められるPC活用能力と情報活用能力を総合的に 
 分析してみましょう。

関連コンテンツ

SPI2検査とは?

SPI 2 中村一樹のズバリ的中SPI2模擬問題集280問 企業人としての資質を高い技術に基づき測定することで、 将来の成功度や未経験の職務への適応度を予測できます。 商品名:総合検査・・・

RCA適性検査とは

RCA 事務職・一般職SPI 2の完全対策[2011年度版] (就活ネットワークの就職試験完全対策 5) 「実務処理能力」「基礎能力」両面の能力を測定する。 ※特定総合職や一般職の最・・・

適性検査の種類と役割

適性検査の種類と役割 就活応援2DAYセミナー 具体的には ・知能検査 ・学力検査 ・性格検査 ・運動能力検査等の 要素を組み合わせることによって就学、就業など 特・・・

仕事の適性を客観的に分析する

自分の仕事の適性も客観的に分析します。 就活応援2DAYセミナー このセミナーのもう1つの大きな特典は・・・・・ 自分の「仕事の適性」を ・客観的に理解するために ・個人・・・